新築祝いのバキュームクリーナーが家に届いた

新築祝いにという、遠く離れたところにいる父兄からバキュームクリーナーが届きました。

父兄は稼ぎをとしていたようなのですが、人類夫妻からバキュームクリーナーがないからと頼んでいたので、事前にいつのバキュームクリーナーがいいかなども話し合ってお願いしていました。
移転を終え、やっとバキュームクリーナーが届きました。
バキュームクリーナーなんて今まで親戚からお古を譲ってもらったりするばかりで自分で購入したことがなかったのですが、最近は色々な機器が付いているんですね。
布団用のヘッドや余裕整備専用など多数ついてあり、バキュームクリーナーの到着に大いに興奮してしまいました。夜に届いたのですが、とにかく使って見たくなり直ぐに形作ります。
説明書を見つつノズルをつなげようとするのですが、なぜだか最初ケ所だけカチッとはまりません。繰り返し心がけるんですがはまりません。横でテレビジョンに集中していた亭主も自身が繰り返し「これ??」と言っているのを聞いて近づいてきました。
亭主も一緒になって手順というバキュームクリーナーを直視だ。すると、亭主から衝撃のワンポイントが。「ここ、壊れてるよ」。
新品でしかも歓喜として貰ったのに壊れてるなんてあんなわけがないと思ったんですが、よく見るとカチッと酔いしれるはずの突起周辺が視線で見ても敢然とわかるように曲がってました。
これでは酔いしれるわけがない。
翌日、販売していた電気屋にコミュニケーションしたところ交換するので持ってきてほしいというのですが、お家ので購入しているのでコミュニケーションに行けません。
只新しいものを郵便できることになったのですが、目の前に新品のバキュームクリーナーがあるのに使えないもどかしさがたまりません。
現下か現下かとパーツの到着を待ってます。闇金を弁護士に任せて生涯のどん底から抜け出せたお話